インターネット&メール

意思伝達装置は、パソコンベースのものであれば、インターネットに繋ぐことにより、ウェブサーフィンやメールも可能です。

一例をご紹介します。意思伝達装置「miyasuku EyeConSW」

インターネットで、「発信」している当事者の方も、多数いらっしゃいます。
ICT(情報通信技術)を駆使して、世界中の人々と、親しいお仲間とつながることができます。

よねざわかずやさん(ALS)
札幌のコミュティーFMラジオ「三角山放送局」にて、「ALSのたわごと」番組を続けています。

三角山放送局「ALSのたわごと」(毎月第4土曜日13時~14時、再放送22時~)

インターネットやメールを使うには、回線接続事業者(NTT、KDDI、JCOM等)と、プロバイダ:インターネット接続事業者(@nifty、ぷらら、Yahoo!BB等)の双方と契約し、インターネットが使える環境になっていることが必要です。(両方同時に契約できる場合もあります、各事業者にご確認ください)