意思伝達支援者養成講座~札幌市提案型障がい者コミュニケーション市民講座~

昨年度に引き続き、今年度も市民向けに意思伝達支援者養成講座を開催します。全10回の開催となります。昨年度と比較して、より一層濃い内容となっておりますので、昨年度受講された方も是非ご参加ください。

★第10回の詳細は決定次第お知らせします。

======================================
講座概要

【第1回】 令和元年(2019年)9月15日 (日曜) ~終了しました~
 札幌市中央区民センター(札幌市中央区南2条西10丁目)
 ①意思伝達支援について、②ALS患者と語る(1)

【第2回】 令和元年(2019年)9月28日(土曜) ~終了しました~
 札幌市中央区民センター(同上)
 ①携帯用会話補助装置「ペチャラ」、②「伝の心」

【第3回】 令和元年(2019年)10月13日(日曜)10月12日(土) ~終了しました~
 札幌市北区民センター(札幌市北区北25条西6丁目)
 ①オリジナルスイッチの作成、②オリジナルスイッチを使ったHeartyLadder研修
 スイッチ作成の際、部品代の実費(1,000円程度)が必要です。

【第4回】 令和元年(2019年)10月27日(日曜) ~終了しました~
 札幌市手稲区民センター(札幌市手稲区前田1条11丁目) 地図
 ①ALS患者と語る(2)、②小児のコミュニケーション事例とオリジナルスイッチ紹介

【第5回】 令和元年(2019年)11月2日(土)11月9日(土)  ~終了しました~
 札幌市中央区民センター(札幌市中央区南2条西10丁目)
 NPO法人札幌チャレンジド(札幌市中央区北7条西6丁目1 北苑ビル2F) 地図
 ①「伝の心」支援者設定(環境制御、メール設定など)、②miyasuku(オリジナルキーボード作成)

【第6回】 令和元年(2019年)11月23日(土) ~終了しました~
 札幌市中央区民センター(札幌市中央区南2条西10丁目) 地図
 スイッチ適合の第一人者日向野和夫さんをお迎えして
 ①透明文字盤、②スイッチ適合

【第7回】 令和元年(2019年)12月7日(土)、8日(日)(8日のみ、10:00-13:10) ~終了しました~
 札幌医科大学保健医療学研究棟3階 E334教室(札幌市中央区南1条西17丁目) 地図
 iPadのアプリに詳しい高松崇さんをお迎えして
 ①、②iPadを意思伝達に使う(アプリとハード)

【第8回】 令和元年(2019年)12月21日(土) ~終了しました~
 札幌市南区民センター 第3会議室(札幌市南区真駒内幸町2丁目2-1) 地図
 難病専門ヘルパーから学ぶコミュニケーション技術

【第9回】 令和2年(2020年)1月25日(土) ~終了しました~
 札幌市障がい学習センター「ちえりあ」(西区宮の沢1条1丁目)・4F アトリエ
 視線入力の第一人者、株式会社クレアクトの伊藤直弥さんをお迎えして、
 ①「視線入力の有効活用と進行に伴う調整」
 ②「視線入力機器の体験と比較」、③「小児と視線入力の可能性」

【第10回】 令和2年(2020年)日時未定
 会場未定
 医療講演

時間:13時30分(13:15開場)~16時40分(90分×2、途中10分休憩)

======================================
申込期限:令和元年(2019年)9月13日(金曜日)
 (空きのある回は随時受付いたしますので、お問い合わせください)
申込方法
 「意思伝達支援者養成講座受講希望」と記入し、下記申込先までファクスか電子メールでお申込みください。
★お申し込み内容は、iCareほっかいどう個人情報保護方針に則り、当講座に関するご連絡以外には、あらかじめご承諾を得た場合を除き、利用いたしません。

 住所
 氏名(フリガナ)
 年齢
 職業(所属) 当事者、当事者ご家族等はその旨
 電話番号
 返信先
 一部のみ受講希望の場合は、受講希望日

問合せ・申込先
〒063-0826
札幌市西区発寒6条10丁目10番13号アイビル12
NPO法人iCareほっかいどう(担当:佐藤)
電話:011-795-5260
FAX:011-676-9142
メール:jimu@icare-h.com

田辺三菱製薬「手のひらパートナープログラム」助成による「難病患者さん・支援者のためのコミュニケーション研修会」

★苫小牧(6月15日)、千歳(6月29日)、旭川(7月6日)、滝川(7月27日)、留萌(9月21日)、函館(10月26日)、室蘭(11月16日)の研修会はすべて終了しました。

★すでに終了した研修会・講演会の一覧は こちら