視線入力の発展形!

意思伝達装置の中でも、ユニークな機種をご紹介します。

意思伝達装置「OriHime eye」

透明文字盤の動きと同じように、「視線」で選びたい文字方向を見つめると、モニター中央に文字盤自体がうごいてくれます。
これにより、視線の範囲が小さくできます。
ただ、揺れすぎて「酔う」ように感じる方もおります。

Comment on this FAQ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

固定台のいろいろ

次の記事